ウィッグシャギーが上手くできないのであれば専用アイテムを使うべし

ウィッグアレンジの勉強をしてイメージトレーニングした内容と、実践してみるのと、全く違うことを痛感させられます。
それだけ、経験が大切な世界だということですね。

ということで、今回は、その経験を積むための便利アイテムを1つ紹介していきたいと思います。

■アレンジには多くの方法がある

先回、ウィッグアレンジをするためには、勉強し実践することが大切とお伝えしました。
その後、勉強していくと「こんなに多くのアレンジの方法があるのか」と驚いてしまうかもしれません。

それだけ、ウィッグとは自由度の高いアイテムであり、工夫次第で何とでもなる汎用性の高いといえるわけです。
恐らくですが、これからも多くのウィッグアレンジの方法が確立されていくかと思います。

したがって、これらの情報を出来る限り、得ることができるように常日頃から情報収集を行っていきたいところですね。

■シャギーも1つの方法

さて、本題です。 アレンジの方法の1つとして、ウィッグシャギーと呼ばれる方法があります。
言葉からも理解できるように、ウィッグにシャギーを入れる方法です。

ボリュームダウンを狙ったり、単純にシャギーを入れたい場合など、さまざまな場面で役立つため、ぜひ覚えておきたいテクニックです。 しかし、実際にシャギーを入れようと実践してみると、意外と難しいことを実感します。

そこで登場するのが、シャギーをいれるためのアイテム「シャギーカットレザー」。
エアリーから発売されており、簡単にシャギーカットができるようになっています。
かなり便利なので、1本持っておくと何かと便利かと思います。